米ヤフー、15%人員削減と事業閉鎖を発表へ

WSJが関係筋の話として報道

2月1日、米ヤフーは全従業員数の15%(約1600人)の人員削減と複数事業の閉鎖を含むコスト削減策を近く発表する可能性がある。カリフォルニア州サニーベールで2013年4月撮影(2016年 ロイター/ROBERT GALBRAITH)

[1日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は、全従業員数の15%(約1600人)の人員削減と複数の事業の閉鎖を含むコスト削減策を近く発表する可能性がある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、報じた。

同紙は複数の関係筋の話として、コスト削減策は2日の第4・四半期決算発表後に明らかにされる公算が大きいとしている。どの事業が閉鎖されるかは伝えていない。

ヤフーの広報担当者は、決算発表前のためコメントできない、とした。

ヤフーに対しては、物言う株主が中核事業のスピンオフ(分離・独立)よりも売却を求めている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。