イランのロウハニ大統領、訪欧の狙い

制裁解除を受けて直接投資呼び込み

 1月25日、イランのロウハニ大統領は今週、イタリアとバチカン、フランスを訪問する。写真はロウハニ大統領。ニューヨークの国連本部で昨年9月撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[パリ/ローマ 24日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は今週、イタリアとバチカン、フランスを訪問する。大統領の外遊は、核合意履行を受けて欧米が対イラン経済制裁の解除を発表してから初めてであり、大統領は投資の呼び込みを目指す。

外遊には、石油・ガス相ら政府高官のほか、企業関係者など合わせて120人強が同行する。ロウハニ大統領は、フランスでオランド大統領と会談、バチカンではフランシスコ・ローマ法王と対話する予定だ。

ただフランスとイタリアの当局者は、外遊中に大規模な取引が調印される可能性は低い、と見ており、ロウハニ大統領自身も、イランが経済的に国際社会に復帰するには「長い道のり」があると指摘している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。