「伊右衛門」コピーライターのすごいメモ術

情報の扱い方が変わり、仕事と収入が激変!

仕事のクオリティが飛躍的にアップする「メモ術」とは?(写真:タカス / PIXTA)
仕事でメモを取ってはいるが、ほとんど見返したことがない、読み返してみてもごちゃごちゃして意味不明……。そんな人も多いのではないでしょうか。
しかし、ちょっとした「コツ」を覚えるだけで、仕事のクオリティが飛躍的にアップする、簡単なのに効率的な「メモ術」があります。サントリー「伊右衛門」のCMなど多くのヒットを飛ばす現役コピーライターの小西利行が、著書『すごいメモ。』(かんき出版)の中から3回にわたってお伝えします。

メモを使えば脳のメモリーを拡大できる

サントリーの「伊右衛門」や「ザ・プレミアム・モルツ」、日産自動車セレナ「モノより思い出」、TOYOTA「もっとよくしよう」、ライザップなどなど。これは、私がこれまでに手掛けてきた仕事の一部です。一度は聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は現在、POOL Inc.という会社を率いて、コピーライティングだけでなく新商品開発、店舗、商業ビルなどのプロデュースを手掛けています。たとえば、「イオンレイクタウン」のクリエイティブ・ディレクション、「一風堂」国内・世界戦略のプロデュース、吉野家、バーニーズ・ニューヨークなどのブランディングやプロデュースなどです。

しかし、広告代理店で働きだしたころの私は、正直、仕事のできないダメなコピーライターでした。がむしゃらに頑張っても成果に結びつかず、周りからの評価も上がらない。しかし、あるときに私を劇的に変える出来事がありました。それが、効果的なメモの取り方を身につける、ということでした。そこから情報の扱い方が変わり、格段に仕事のスピードと質が向上したのです。

次ページターニングポイントのひとつは「メモ」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
中国シェア自転車<br>「野蛮な成長」で定着

2016年の本格導入から1年、猛烈な勢いで広がる中国のシェア自転車。一方、盗難、放置、車や歩行者とのトラブルなど課題も多い。13億人が行き交う中国で誰が覇者になるのか。