利己主義という気概 エゴイズムを積極的に肯定する アイン・ランド著/藤森かよこ訳 ■リバタリアニズムの多面体 森村進編著 ~原理を重んじるリバタリアニズムの好著

利己主義という気概 エゴイズムを積極的に肯定する アイン・ランド著/藤森かよこ訳 ■リバタリアニズムの多面体 森村進編著 ~原理を重んじるリバタリアニズムの好著

評者 北海道大学大学院准教授 橋本 努

 世の中不況である。市場原理主義者たちはきっと肩身の狭い思いをしているにちがいない。だがそんな御時世、暗澹(あんたん)たる空気を破るような、自由至上主義(リバタリアニズム)の好著が相次いで現れた。

『水源』や『肩をすくめるアトラス』などで知られるアメリカの大衆作家アイン・ランドは、筋金入りの自由至上主義者でもあるが、近著『利己主義という気概』は、その彼女の思想信条を結晶化したエッセイ集。

気概とは美徳=卓越(virtue)の別訳で、ランドは利己的に生きることが「美徳」であるという。利己主義が倫理的だなんて、誰も正面から言わないだろう。が、この世の中で生きるための指針は、圧倒的にエゴイズムに根ざしているのではないか。

たとえば「邪悪な心」を克服するとして、私たちはこれを利他主義によって手なずけるよりも、むしろその欲動を、卓越した行動力や創造力へと高めていくことができるだろう。自分の命を「かけがえのない」と感じるなら、生きることに徹底して強欲でなければならない。それがランドの教える倫理なのだ。

ところが利他的な人は、自分を大切にしないがゆえに、他人を大切にすることができない。また道徳的に中立的だという人も、ただ責任を回避しているにすぎない。偽善を排して言えば、愛も利己的なものだ、とランドは喝破する。

対して『リバタリアニズムの多面体』は、ポーランドで開催された世界会議ワークショップの記録で、同思想の最前線を伝える好著。これを読むと、日本人のリバタリアンたちが、世界的にみて遜色のないオリジナルな思想を展開していることに、驚きを覚えるだろう。

たとえば森村進は、通常のリバタリアンとは反対に、遺産については相続税を100%課してもかまわないという。意表を突いた発想だが、論理は周到で、国家を相続税で運営すれば個人主義を貫徹できると主張する。

珠玉の論稿が並ぶ中、ラスムッセンのアマルティア・セン批判は秀逸。センの潜在能力論は結局、体制理念としては「なんでもあり」に近く、国外の知識に通じたエリート官僚によって体制を正当化してしまう。それは原理を重んじるリバタリアンとは正反対の思考なのだ。

『利己主義という気概』 アイン・ランド 著/藤森かよこ 訳
ビジネス社  2310円  294ページ
Ayn Rand(本名 Alissa Zinovievna Rosenbaum)
1905~82年。アメリカの国民作家、政治思想家。リバタリアニズム(自由至上主義)の提唱者のひとり。ユダヤ系のロシア系アメリカ人としてサンクトペテルブルクに生まれ。『水源』で注目を浴び、『肩をすくめるアトラス』によって文名を確立。

『リバタリアニズムの多面体』 森村 進 編著
勁草書房  2520円  204ページ
もりむら・すすむ
一橋大学大学院法学研究科教授、専攻は法哲学。1955年生まれ。東京大学法学部卒業。著書に『リバタリアニズム読本』(勁草書房)、『権利と人格』(創文社)、『財産権の理論』(弘文堂)、『ロック所有論の再生』(有斐閣)。

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。