「サビ残漬け」の幼稚園教諭、抜け出す手段は

「変形制」導入でタイムカードが廃止され…

タイムカードが廃止され、残業時間の把握も難しくなりました(写真 :Graphs / PIXTA)

労働者の労働時間は1日8時間が原則とされ、それを超える場合は残業代が払われるのが原則だ。しかし、日によって労働時間が大きく変動する仕事のために「変形労働時間制」という制度が用意されている。弁護士ドットコムの法律相談に、この「変形労働時間制」を導入した幼稚園に勤める教諭から相談が寄せられた。

相談者は状況を次のように書いている。

「年間単位の変形労働時間制が採用されています。これにより1日の労働時間が10時間になり、さらに休憩時間がまったくない状態にあります。そのため実質の勤務時間は1日11時間になります」

タイムカードが廃止され、残業時間の把握が困難に

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

勤務時間が短い時もあるそうだが、土日に行われるイベント、園児が登園しない夏休み、冬休みなどだという。

「変形労働時間制が採用されたと同時にタイムカードが廃止され、出勤簿にハンコを押す制度に変わりました。これにより残業時間の把握ができなくなり、勤務時間が長いときは1日15時間にも及ぶ日も珍しくありません。もちろんサービス残業です」

そこで、タイムカードの復活や休憩時間の確保、サービス残業の廃止を職場に求めたいと考えている。

「変形労働時間制」とはどのような制度なのだろうか? また変形労働時間制が導入されていても、休憩時間や残業代を会社に求めることができるのだろうか? 野澤裕昭弁護士に聞いた。

次ページ弁護士の見解は
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。