31歳外銀エリートの恋愛観は自信たっぷり

東京の「婚活事情」最前線<2>

何もかも手に入れた超エリート男は結婚でも勝ち組になれるのか?
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

今のご時世、結婚は決してマストではない。

その中でも特に、何もかも手に入れた都会のアラサー超エリート男たちにとって結婚とは、生活レベルを落とすリスクと見なす者も多い。自由な時間を奪われ、経済的な重圧も感じ、そして数多寄ってくる女たちに目を向けることができなくなる。

そんな彼らは実際にどんな恋愛観を持っているのか、そのリアルな実情に迫る。

<今週の東京婚活男子>
名前:聡31歳
結婚歴:独身
交際歴:2年
職業:米国外資系投資銀行のトレーダー
年収:約5000万円
住まい:赤坂のタワーマンション
家賃:40万円
恋人:美優30歳
恋人の職業:日系証券会社の秘書

東京の恋愛市場で頂点に君臨、エリートの謙遜と実態

夕暮れの日差しが美しい丸の内の仲通りを、わが物顔で颯爽と歩く男。

今年31歳になった聡だが、老いは微塵も感じられない。目には自信があふれている。東京でもまれに見るイイ男だ。そして、日本中の一流企業が集まる丸の内の中でも、外資系投資銀行員はサラリーマンとしてケタ違いの年収を稼ぐ。

どんなに忙しくても定期的なトレーニングは欠かさず、スリムな筋肉質の体型は高校生の頃からまったく変わっていない。スーツを完璧に着こなしている。彼らのような群を抜いた外銀エリート達は、醜くビール腹になったり、よれたスーツを着た中年男になるような歳の取り方はしない。

「すごくなんかないよ、やめてよ。もっと稼いでる人なんてたくさんいるし、いつクビになるかもわからないし。朝5時からずっとパソコンに張り付いて上司から怒鳴られて、僕なんか会社の奴隷ですよ」

きちんと矯正された白い歯を見せながら、爽やかに謙虚で温和な笑顔を浮かべ謙遜をする。この男は週に何度この笑顔とセリフを使うのだろうか。

次ページ今が最高のライフスタイル
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。