学芸大は挫折した元エリートが住む街だった

41歳の拓哉に訪れた、再度の挫折と転機

ストックオプションでウハウハかと思いきや……。41歳の拓哉に何が起きたのか?
慶應大学卒業後とある総合商社に勤めた拓哉。20代を「渋谷」「西麻布」で過ごし、挫折を経験し「蒲田」へと引っ越す。その後スタートアップ企業「5MINUTES」へと転職し、経営幹部に。「芝浦」「広尾」と引っ越し、上場も見えてきて上り調子だったはずの拓哉の41歳の時のお話。

5MINUTES、退社しました。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

先週もこの連載をご覧になったみなさん、41歳になった僕はどうなるんだろうと想像しましたか?ストックオプションでウハウハ(笑)し出して、「ムカつく!」って思った方もいたかもしれませんね。

実は、39歳の時に5MINUTESを退社しました。

ストックオプションについて、社長のタケシに聞いてみたんです。「ストックオプションのないスタートアップなんて、ドロップキックだよ(笑)」って、業界の経営幹部仲間何人かから言われて、経営幹部であればもらっているのが普通だと聞いていたので。すると、「ストックオプションをどう付与するかを決めるのはCEOの価値観それぞれで、一般論で語られるものではない」と一蹴されました。

もちろん、僕はストックオプションのためだけに頑張っていたわけではありません。大企業の名刺を捨てて5MINUTESというベンチャーに転職して、暗中模索しながらもやればやるだけ売り上げが伸び、仕事自体にやり甲斐を感じていました。年収も1200万円まで上げてもらいました。たしかにタケシはCEOとしてリスクを取っていて、それ相応のリターンを受け取る権利はあると思います。ただ、これから上場という時に、側近の僕らともリターンを分かち合おうとか、そういう考えになってもいいと思ったのに……。

次ページタケシの発言で、なんだかやる気がなくなった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。