タイで沸騰!「日本旅」番組が超人気のワケ

佐野さんは、タイで今もっとも有名な日本人

なぜいまタイで「日本旅番組」が人気沸騰中なのか?

2013年に観光ビザが不要になって以降、日本を訪れるタイ人観光客が急増している。宿泊数は右肩上がりで、インバウンドによる消費も注目されている。

日本への旅行が流行し、意外な観光地までがタイ人に人気な理由。それはあるテレビ番組の影響が大きい。日本を取り上げる旅番組『すごいジャパン』だ。

番組の制作段階から関わり、そのナビゲーターを務めるのが俳優の佐野ひろさん。いまやタイで知らない人はいないといっても過言ではない、超有名人だ。その佐野さんに、現在に至るまでの道のりと、タイ人観光客を日本にもっと呼び込むためのヒントなどについて聞いた。

旅番組ナビゲーターを引き受けた理由

高校卒業後、演劇の専門学校に通い、舞台を中心に活躍していた佐野ひろさん。彼が初めてタイに来たのは、21歳のときだった。

「当時、俳優のいしだ壱成さんが『タイは、若いうちに行け』というタイ航空のCMをやっていて。なぜか、とても印象に残って、若いうちに行かなくちゃ、と。バンコクはもちろん、ダイビングで有名なタオ島にもしばらく滞在したりして、タイで暮らす知人や友人も増えました」

その後、一度は日本に帰国した佐野さんだが、タイ滞在中に出会った友人から誘われて、25歳のときにバンコクに生活の拠点を移すことを決める。最初からCMの仕事が3本あり、舞台や映画など順調に活躍の場を増やしていったという。

仕事の多くは、日本人の役を演じること。日本軍の兵士や、サムライ、日本のサラリーマンなど、俳優の仕事をしていく中で、気づいたことがあった。

「タイ人は日本が好きで憧れもあるのですが、きちんと理解されていない部分も多かった。サムライを演じているのに刀が中国の刀になっていたり、空手の先生をやってくれと言われて手渡されたのが、テコンドーのユニフォームだったり。俳優の仕事をしている時から、日本文化を正しく伝えたいという気持ちは常にどこかにありました」

次ページ現地のタクシーでタイ語を勉強?!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
不滅のリーダー 松下幸之助

毎年10万部のペースで売れる、松下幸之助の著作『道をひらく』。女性読者も急増中。稲盛和夫、孫正義、柳井正も傾倒する。「経営の神様」の哲学がなぜ現代人の心を引き付けるのか。

  • 新刊
  • ランキング