「GAFA+X」が名門大学と組んで起こす世界の変化

コロナ後において若い世代に託される期待

ビッグテック優位が動かない今後の世界において起きる変化とは?(写真:Graphs/PIXTA)

『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(スコット・ギャロウェイ 著、渡会圭子 訳、東洋経済新報社)が世界的ベストセラーとなってから、3年の歳月が経過した。

多忙な日常を送る現代人にとって、3年は“あっという間”かもしれない。が、少なくとも2018年から2021年に至る3年に限っていえば、事情は大きく異なるだろう。

言うまでもなく、この期間にわれわれはコロナ禍を体験することになったからだ。

そういう意味では、前著で「GAFA」という言葉を定着させたギャロウェイ氏が、新刊『GAFA next stage ガーファ・ネクストステージ:四騎士+Xの次なる支配戦略』(スコット・ギャロウェイ 著、渡会圭子 訳、東洋経済新報社)を著すにあたって新型コロナによる影響を大前提としているのは、むしろ当然なのである。

本書は、未曾有の事態に陥った現在の先を見通し、優れた解決策を見つけ出す試みである。議論をさらに活発にし、将来を予測していこう。
生命体の存在で知られる唯一の天体で、その時間が通常に戻ったとき、ビジネス、教育、そしてわれわれの国ではどのような変化が起きているだろうか。
以前よりも人々は思いやりにあふれ、経済は繁栄しているだろうか。それとも人々は2度とパンデミックが起きないことだけを願うだろうか。これから“以後”の世界をつくり上げるとすれば、私たちに何ができるだろうか。(「イントロダクション」より)

パンデミックはビッグテックへ有利に働く

ギャロウェイ氏はパンデミックが大企業、なかでもビッグテックへ有利に働くと確信しているという。ちなみにGAFAの後を追う「+X」として紹介されているのは、マイクロソフト(テクノロジー)、エアビーアンドビー(観光・ホテル)、ネットフリックス(動画配信)、ショッピファイ(小売り)、スポティファイ(音楽)、テスラ(自動車)、ツイッター、ティックトック(SNS)、ウーバー(配車サービス)などなど多種多様。

「ディスラプターズ(既存のビジネスモデルを破壊する企業)」であるそれら「四騎士+X」が、さらに強力に世界を変えるであろうということを、さまざまな角度から(ウィットに富んだ表現を用いて)解説しているのである。

次ページわれわれが無意識のうちに感じていること
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT