楠木 新
楠木 新(くすのき あらた) Arata Kusunoki
人事コンサルタント

1979年、京都大学法学部卒業後、保険会社に入社。人事・労務関係を中心に、経営企画、支社長等を経験。勤務と並行して、「働く意味」をテーマに執筆、講演、セミナーなどに取り組む。朝日新聞be(土曜版)に、会社から独立した中高年の生きざまを紹介した「こころの定年」を1年余り連載。2016年定年退職後も活動を続ける。

著書に、12万部を超えるベストセラーになった『人事部は見ている。』(日経プレミアシリーズ)、『こころの定年を乗り越えろ』(朝日新書)など多数。2016年2月『左遷論』(中公新書)発刊。2011年まで関西大学商学部非常勤講師(「会社学」)を務める。

http://blog.livedoor.jp/kusunoki224/

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。