ドバイの63階建てビルで火災、14人軽傷

新年の花火を見るために多くの人々

 12月31日、アラブ首長国連邦ドバイの63階建て高層ビルで火災が発生した。写真は現場から走って避難する人々。同日撮影(2015年 ロイター/Ahmed Jadallah)

[ドバイ 31日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの63階建て高層ビルで31日夜、火災が発生した。

同ビルは高級ホテルと住宅が入居するアドレス・ダウンタウン・ドバイで、警察当局によると、14人が負傷したが、いずれも軽傷という。

ただ、現場でけが人の応急措置に当たっていた医師はロイターに対し、煙を吸い込むなどして60人以上が軽傷を負ったと話している。

火災が発生したビルの近くには世界最高層ビルのブルジュ・ハリファ(約830メートル、160階建て)があり、新年の打ち上げ花火を見るために多くの人が集まっていた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。