アルビレックス新潟の奇跡:池田弘が語る人と組織の育て方(第2回)--指導者は「先生」ではなく、「インストラクター」であるべきだ

アルビレックス新潟の奇跡:池田弘が語る人と組織の育て方(第2回)--指導者は「先生」ではなく、「インストラクター」であるべきだ

--少子化が進み、大学の進学率が上がる中で専門学校の苦境が伝えられていますが、NSGグループの専門学校は人気が高く好調ですね。

大学の定員割れが叫ばれていますが、それは専門学校も同じこと。確かに全国的には厳しい状況ですが、その中でもやり方はあると思います。今は大学や短大を卒業してから専門学校に入学してくる人が増えていますが、就職が厳しいので「自分の好きなことはなんだろう」と原点に戻って学び直しているのです。その中で、専門学校同士の競争もあるし、大学と専門学校の競争もあります。

そこで生き残ることができているのは、専門学校では時代に合わせた学科の改変が比較的容易にできるというのも要因の一つでしょう。大学では難しいのですが、専門学校は新しい分野をつくり、その先端にいる人材を講師としてどんどん採用することができます。そして、その市場が日本になければ、海外と提携して情報や人材を入手すればいいのですよ。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。