「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

3・11という歴史的苦難に際して、日本の大手メディアは、当局の「隠蔽工作」に荷担することになった。その裏側には、記者クラブ至上主義によるジャーナリズムの欠落という、大手メディアが抱える根源的な問題があると、著者は言う。

たとえば緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の公表遅延。事故から10日以上経ってから政府の発表を受け、放射性物質の拡散予測を報道する。しかも福島県がその間に得ていたこの情報をメールから削除する一方、米国には外務省が連絡していた。

日本で12年の取材経験を持つ米紙東京支局長が明らかにする「新聞不信」と日本の新聞の生き残りの処方箋。

双葉新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。