「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

「本当のこと」を伝えない日本の新聞 マーティン・ファクラー著

3・11という歴史的苦難に際して、日本の大手メディアは、当局の「隠蔽工作」に荷担することになった。その裏側には、記者クラブ至上主義によるジャーナリズムの欠落という、大手メディアが抱える根源的な問題があると、著者は言う。

たとえば緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の公表遅延。事故から10日以上経ってから政府の発表を受け、放射性物質の拡散予測を報道する。しかも福島県がその間に得ていたこの情報をメールから削除する一方、米国には外務省が連絡していた。

日本で12年の取材経験を持つ米紙東京支局長が明らかにする「新聞不信」と日本の新聞の生き残りの処方箋。

双葉新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。