駒沢公園周辺で週末を過ごすという選択

東京パークライフを満喫しよう<1>

駒沢公園を走るランナーは、その走り姿がサマになっているのが印象的
主に東京の夜の顔を紹介してきた東京カレンダーだが、昼の東京にも魅力的なスポットは数多くある! そのひとつが「公園」。東京には大きさも魅力のベクトルも異なる沢山の公園が存在し、そこでは日々さまざまなドラマが繰り広げられている(はずだ)。
そこで、公園を軸に周辺のスポットを含め、より楽しいパークライフを送るヒントとなる話をお届けしたい。初回のテーマは、駒沢公園とその周辺だ。

駒沢公園のランナーは、皆やけに垢抜けている

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

駒沢公園は週末になると地元の人のみならず、多方面から人が訪れる。だが、基本的には八雲や平町、柿の木坂など、東横線沿線の住宅街に住む人が訪れることが多い。

駒沢公園はオリンピック第2会場としての名残もあり、スポーツを楽しむ人たちで賑わう、都内でも有数のランスポット。

1週2キロメートル強のランニングコースでは、マラソン大会を目指すランナー、ジョギングが趣味の若いカップルなどさまざま。その走り姿がサマになっているのが印象的だ。

ドッグランのある園内は、ワンちゃんのお散歩にも人気だ。いや、むしろワンちゃんを散歩させるために、この辺りに住まいを探すパターンも多いらしい。付近にはワンちゃん連れOKのカフェや、ペットグッズのお店も多い。

次ページ駒沢公園のランドマークといえば?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。