政権交代でも対仏投資の積極誘致は変わらない--アピア対仏投資庁長官に聞く

海外からの直接投資受け入れに積極的なフランス。5月のオランド大統領就任で企業誘致の姿勢に変化はあるのか。ダヴィッド・アピア対仏投資庁長官に聞いた。

--対仏投資庁は3月、日本からフランスへの昨年の直接投資が38件に達し、過去最高となったことを公表しました。

対仏直接投資の件数はアジア諸国でも日本がトップになった。今年に入ってからも日本企業のフランスに対する関心は高い。3月には炭素繊維で世界1位の東レがフランス南西部のラックに新工場の建設を決めた。炭素繊維は航空機向けに需要の著しい伸びが続いている。トヨタ自動車も最近、北米向け小型車「ヤリス(日本名:ヴィッツ)」のフランスでの生産を決定した。今年も日本企業の直接投資は活発だ。一方で、フランス企業による対日直接投資も盛んになっている。

--日本企業がフランスへの進出に積極的なのはなぜですか。

1つはフランス市場全体の構造的な側面によるものだ。フランスは人口が多く、拡大傾向を維持している。背後に控えるEU(欧州連合)の市場も大きな魅力だろう。南欧諸国や地中海を挟んで北アフリカ諸国などをターゲットに入れている企業もあるに違いない。

フランスはインフラが整備され公共サービスも行き届いている。労働力のレベルも高く、教育訓練も充実している。環境、エネルギー、建設、流通などさまざまな産業が発達しており、厚みがあるのも魅力。進出を考える企業にとってはパートナーシップ締結の余地が大きい。

EU各国でも製造業の直接投資受け入れに限れば、フランスがトップだ。昨年は対仏直接投資の件数が全産業ベースで698を記録。このうち、製造業は200件を数える。先進的な企業の多さが日本のメーカーなどを引き付けているようだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。