イスラエル首相の飼い犬、噛みつく

与党議員など来客2人に

 12月10日、イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が、首相公邸で開かれたユダヤ教の祭り「ハヌカ」のイベントに参加するために訪れていた来客2人にかみついた。写真は同首相(右)と飼い犬、ケリー米国務長官。11月撮影。提供写真(2015年 ロイター/State Department Photo/Public Domain/Handout via Flicker)

[エルサレム 10日 ロイター] - イスラエルのネタニヤフ首相の飼い犬が9日、首相公邸で開かれたユダヤ教の祭り「ハヌカ」のイベントに参加するために訪れていた来客2人にかみついた。

かみついたのは、カイヤと名付けられた10歳の雑種犬で、首相の息子が今年、施設から引き取った。与党議員や外務省高官の家族にかみついたが、深刻なけがにはならなかったという。

首相は8月にカイヤの写真をツイッターに投稿し、犬が好きな人は成犬の里親になることを薦め、「絶対に後悔はしない」とコメントしていた。

カイヤはケリー米国務長官にも会ったことがあるが、その時は危害を加えなかったようだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。