毒 青酸カリからギンナンまで 船山信次著

毒 青酸カリからギンナンまで 船山信次著

人に望ましくない作用をする化学物質、毒。わずかな量で人を死に至らしめる毒もあれば、じわじわと効いて長い時間をかけて毒性が現れるものもある。使い方次第では薬になり、殺虫剤や殺菌剤、除草剤などとしても使われる。

ある事件では、急性のトリカブト毒にフグ毒を混ぜることで、毒性の発見を遅らせることが行われた。麻薬や覚醒剤は、直接、死に至る毒性を持つわけではないが、使用者の精神を狂わせてしまうような性質があり、これらも毒といってよい。

毒の基本知識から、毒の分類、毒にまつわる歴史、毒と食べ物、犯罪や事件と毒、麻薬と覚醒剤まで、さまざまな毒を取り上げ、その不思議さに迫る。

PHPサイエンス・ワールド新書 861円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。