乳酸菌が生活習慣病を救う?カネカが血中中性脂肪の低減効果を発見

樹脂や化成品、合成繊維、食品、電子部材などを多角展開する化学メーカー、カネカは6月18日、自社で保有する「R037株」と呼ぶ種類の乳酸菌に、血中中性脂肪の低減効果があることを発見したと発表した。

カネカはR037株の乳酸菌が、血中の中性脂肪を低減することを動物、ヒトへの試験を通じて確認。この研究成果を、6月14~15日に神戸市内で開催された「第16回日本腸内細菌学会」で発表した。

高い中性脂肪値は動脈硬化の原因となり、脳梗塞や心筋梗塞のリスク要因ともいわれる。カネカは今回の研究成果を基に、R037株についてサプリメントなどの機能食品への応用を検討する。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。