小型商用車のシェア奪回へ、日産が“異例”の発表会

小型商用車のシェア奪回へ、日産が“異例”の発表会

日産自動車は15日、商用車「キャラバン」を11年ぶりにモデルチェンジし、「NV350キャラバン」として発売した。
 
 神奈川県横浜市の日産本社で行われた発表会。「この車を小型商用車のトップブランドにする」。志賀俊之COO(最高執行責任者)はそう力を込めた(写真)。発表会には志賀COOのほか、アンディ・パーマー副社長など多くの日産幹部、社員が出席。商用車の発表会では異例ともいえる力の入れようだ。

理由はシェア奪回だ。かつて同車はトヨタ自動車の「ハイエース」と競い合っていたが、近年はハイエースに大きく水を開けられている。現行キャラバンのシェアは約14%。新型車では月間販売台数2000台を計画し、志賀COOは「当面はシェア4割を目指す」と語る。

「開発にあたってはすべての面でライバルを圧倒するように指示した」(同)。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。