疑う力 ビジネスに生かす「IMV分析」 西成活裕著

疑う力 ビジネスに生かす「IMV分析」 西成活裕著

社会が複雑化し、すぐにはわからないことが増え、どうしても他人の言い分を盲信しがちになっている。人には「疑う力」が必要であり、その際、まず「疑う」ことを二人の間の情報伝達に関する理論から考えるのが極めて有効だと著者は言う。

伝え手の真意をI(Intention=意図)、発せられたものをM(Message=伝達情報)、受け手の解釈をV(View=見解)とし、「疑う」とは「伝え手のメッセージを意図的に曲げて解釈する」ことであり、記号でいえば「M≠V」と定義して、その後、疑う内容の分析にはいる。

「渋滞学」「無駄学」のパイオニアの著者が、「疑う力」の習得法を伝授。自身で培ったそのロジックを公開する。

PHPビジネス新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。