環境省の大罪 杉本裕明著

環境省の大罪 杉本裕明著

実は今ほど、官僚にとって居心地のいい時代はないのではないか。本書は環境省を俎上に載せ、その現実を描き出してみせる。

「政治主導」は、族議員はもちろん、省庁間の折衝をなくし、同時に権限が集中するはずの政務三役もほとんどが実務に疎い。むしろ今まで以上に官僚の振り付けどおりに動く。そして巨額の復興予算がついた。

かつての弱小官庁が、東日本大震災によって巨額の利権を手にする。「エコ」という言葉の裏側で「環境マインドなき環境官僚」では、どうしても震災がれき処理や除染事業が遅れる。それでも、専門家不在の「原子力規制庁」を傘下に入れて、何をしようとするのか。

怖いのは、跋扈(ばっこ)する官僚のモラルハザードだ。省内の検討会や研究会は、目的をかなえないためのアリバイ作りで設置するのがしばしばだという。その詳細を本書は眼前に見せつける。もう一段の行革は必要不可欠と誰もが納得させられるだろう。

PHP研究所 1890円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。