過熱する!2年目の“クール商戦”

電力不足によるエアコン自粛ムードが高まった昨年以上に、クール商戦が過熱している。

「熱さまシート」など多数の“クール商材”を扱う小林製薬。昨年、同社のクール商材の売り上げは一昨年より約20%伸びた。ただ、一部商材の欠品による需要の取り逃しもあった。今年は同製品群の生産計画を前年比で30%増やした。

さらに、昨年大ヒットした衣類用冷感スプレーで、刺激の少ない女性向けや子ども向けを投入するなど、製品ラインナップも拡充。新規顧客の開拓を狙う。

イオンは高機能肌着や涼感寝具のPBを充実させたほか、ビールやそうめんなどの食材、さらには日よけ、太陽光パネル、蓄電池も暑さ対策商材としてまとめることでアピールする。

イオンの村井正平専務は、「総合小売りとして(クール商材を)トータルに提案したい」と意気込む。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。