逆風に苦しむ野村ホールディングス “国内頼み”のほころび

逆風に苦しむ野村ホールディングス “国内頼み”のほころび

野村ホールディングスの株主総会が6月27日に開かれるのを前に、1人の個人株主による100項目もの株主提案が話題になっている。内容は「野菜ホールディングス」への社名変更など一般的な理解を超えたものが多い。一方で、「取締役の責任軽減について定めた定款を削除する」といった、近年収益が悪化し株価が大幅に下落したことに対する経営陣への批判がにじむ。

世界的な金融危機の影響もあって野村の業績は低迷。特に海外部門は苦戦を強いられている。そこで、2011年に打ち出したのが、海外部門の人員圧縮を主柱とする総額12億ドルのコスト削減策だった。

「これからも選択と集中を進めていきます」

4月下旬に開かれた12年3月期決算発表の席で、財務担当役員はこう締めくくった。海外部門のコスト削減を着実に実行に移すことが「選択と集中」なら、それはリーマン買収の後処理と受け止められる。

野村が経営破綻したリーマン・ブラザーズのアジア部門、欧州・中東部門を相次いで買収したのは08年。名実ともに国際金融市場のメインプレーヤーの一角を確保するための戦略だったといえる。だが、拡大するはずの海外部門は赤字を計上し続け、グループ全体の業績は低迷。株価も急降下した(図)。



関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。