スプーン1杯の砂糖で80時間も発電できる!

中国・天津大学の学生が開発

上の画像をクリックすると動画ページにジャンプします

中国人の学生グループは微生物燃料電池(MFC)を開発するためにスプーンいっぱいの砂糖を使用した。この新しい電池は、最大80時間分の電気を発生することが可能だ。

このチームは、大腸菌、シュワネラ、そして枯草菌という3種類から採取した細菌株により、高効率で安定した出力を持つ発電システムを作り上げた。

天津大学薬品製造工学部の学生で、チームリーダーであるLING WEI(陵魏)氏は次のように語る。「これは革新的なものです。なぜなら、これまで誰も3種類の微生物からMFCを作ろうとはしてこなかったからです。この方法で複数の微生物を混ぜ合わせることにより、私たちはエロクトリシジェン(電気発生微生物)による電気発生に必要な2つの要素を補充でき、電気を発生するために適したレベルへと私たちのMFCは到達できるのです」。

LIng(陵)氏は、既存の風力、水力、そして太陽光発電方式と比較して、気象条件や場所に左右されないので、自分たちの共培養システムはより安定している、という。そのため、将来的には大規模な電力生産用に使用される相応しい機会が出てくるだろう、と語る。

天津大学生物化学工学部で研究しているチームアドバイザーで生物力学エンジニアのLiu Yue(劉越)さんは語る。「私たちはこのMFCを、より長時間の電気出力とより大きな電気量を持つようにします。そして、より小さいものにしたいと考えています。そうすれば、私たちが普段日常生活で使用しているリチウム電池のように、将来の新しいエネルギーの1つになるはずです」。

9月に開催された2015 国際遺伝子組み換えマシン(アイジェム)コンテストで、このプロジェクトは最優秀賞を獲得した。

原語はこちら

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。