「草の根」に分け入り現実をとらえよ--『あなたの中のリーダーへ』を書いた西水美恵子氏(ソフィアバンク・パートナー、元世界銀行副総裁)に聞く

「草の根」に分け入り現実をとらえよ--『あなたの中のリーダーへ』を書いた西水美恵子氏(ソフィアバンク・パートナー、元世界銀行副総裁)に聞く

海外で活躍する日本人女性が増えている。その先駆者である著者が、情熱あふれるメッセージの発信を続ける。中でも、働き方や組織文化を変えるリーダーシップ論に若い世代の賛同者が多いという。

──小学生のメル友もいるそうですね。

日本に在留する期間は短いが、メル友たちが全国にいっぱいいる。インターネットで検索して、ブログなどに私の本の感想を書いている方を見つけるとメールを出す。社会人は変な遠慮が出るらしいが、高校生や大学生はじゃんじゃんメールを返してくれる。中には小学6年生もいる。日本人は何を考えているのか、ネットエージャーから感触を得ることができる。

──「まず草の根から」は信条ですか。世界銀行では職員に「極貧生活」を体験させました。

世界銀行は貧困解消を使命としている。当たり前のことをしただけ。銀行はお客様をとことん知らなければならない。各国の国民が「株主」であり、その国民のためにならないことには貸せない。今の金融をダメにしているのは、おカネの動きだけを見て、おカネが何を作っているか、何を育てているかまで吟味しないことだ。ファイナンスと実経済のリアル、この裏と表をしっかり見ておかないと、いい仕事はできない。

特に世銀の場合は、相手国に「貸せないよ」と言わなければいけない。窓口が国を代表する政府の役人になる。発展途上国には「国民のことがわかっているのかね」とまず言わないといけない。大抵の政治家、官僚は私利私欲で動く。建設まで20年ぐらい待てばいい道路を造ろうとし、本来急ぐべき水道施設や学校、教員養成におカネを使う発想がない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。