円のゆくえを問いなおす 実証的・歴史的にみた日本経済 片岡剛士著

円のゆくえを問いなおす 実証的・歴史的にみた日本経済 片岡剛士著

日本の実質実効為替レートはリーマンショック直前と比較して2割を超える円高にあり、先進国の中で突出した為替高になっている。

著者は、政府・日本銀行の政策に問題があるからだと指摘する。政府の「対策」はデフレと円高が並存する状態から脱する助けにはならず、むしろデフレと円高の悪影響を助長し、政策の信頼性を低下させる。日銀の金融政策も、金融緩和の程度、オペレーションの政策効果を高める工夫、政策当局が設定する予想インフレ率への誘導のいずれも不足していて、デフレと円高を脱するには十分ではないと判定する。

為替と物価による通貨変動の日本経済への影響を、実証的・歴史的に解明する。

ちくま新書 924円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。