7-9月期のGDPは2四半期連続のマイナスに

投資・在庫が成長を押し下げ

 11月16日、内閣府が16日発表した2015年7─9月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2%、年率換算でマイナス0.8%となった。都内で6月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 16日 ロイター] - 内閣府が16日発表した7─9月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.2%、年率換算でマイナス0.8%だった。4─6月期の前期比マイナス0.2%に続き2四半期連続のマイナス成長となった。設備投資と在庫投資が足を引っ張った。中国など新興国減速の影響で企業部門の慎重姿勢が強まったとみられる。消費や輸出は持ち直したが力不足だった。

消費は2四半期ぶり増、インバウンドも輸出押し上げ

民間最終消費は2四半期ぶりの増加に転じ、前期比0.5%増となった。所得回復の後押しもあったとみられ、最近の4四半期で最も高い伸びとなった。プレミアム商品券を使った消費も活発化した。住宅投資も同1.9%増と3四半期連続の増加。政府最終消費支出は同0.3%増と6四半期連続で増加した。

輸出は2四半期ぶりのプラスで同2.6%増。訪日外国人によるインバウンド消費も0.1%寄与した。世界経済減速の影響で、財の輸出は振るわなかったが、サービス輸出が好調だったとみられる。輸出が輸入の寄与度を上回り、外需寄与度はプラス0.1%と3四半期ぶりのプラスとなった。

次ページ企業活動停滞続く、設備投資が2四半期連続で減少
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。