"黒船"シャックバーガーは日本をこう攻める

上陸1号店が東京・青山にオープン

何より意識したのは、日米の価格差を極力抑えることだ。米国でのシャックバーガーの価格は5.19ドル(約633円)。日本の価格は米国よりやや高い設定ではあるが、「(日本での価格設定でも)実はそこまで粗利は取れない」(ガルッティCEO)という。

画像を拡大
食材は可能な限り、米国と同じものにこだわった

日本の店舗でもニューヨークの味を忠実に再現することにこだわったからだ。そのため、パティ(ハンバーグ)は米国でも使っている豪州産のアンガースビーフを使用するほか、バンズ(パン)も米国から調達する徹底ぶりだ。その分、どうしても食材コストがかさんでしまう。

シェイクシャックは2020年までに日本国内で10店を展開する目標を掲げるが、ほかのハンバーガーチェーンと比べるとかなり控えめな数字だ。店舗網をさほど拡大しない一方、食材費ばかりが重くのしかかるような状況で、はたして日本でのビジネスは成立するのか。

その問いに対し、ガルッティCEOは「成長を急ぐと味をおろそかにしたり、お客様へのサービスが散漫になる」と力説する。店舗数をあえて抑えることでプレミアム感を演出し、消費者を惹きつけるのが同社の狙いだ。

黒船が相次ぐ中で存在感を発揮できるか

今回の日本進出に際して、コアメニューであるハンバーガーでは限定商品を販売しない。当面は米国風のシャックバーガーを定着させることを優先するが、「将来的には日本限定のハンバーガーを投入する可能性もある」(ガルッティCEO)。

今年4月にはメキシカンファストフード「タコベル」が日本に再上陸したほか、米ハンバーガーチェーン「カールス・ジュニア」も2015年冬以降をメドに再進出を計画している。米国発の黒船襲来が相次ぐ中、慎重な出店戦略でどこまで存在感を示すことができるか。シェイクシャックの日本における挑戦は始まったばかりだ。

(撮影:大澤誠)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。