超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント 竹村亞希子著

超訳・易経 自分らしく生きるためのヒント 竹村亞希子著

占いの書として知られる『易経』には、占いの結果やその対処法などが記される一方で、「君子占わず」、つまり君子は占わなくても吉凶がわかる、『易経』を理解すれば先々の変化を察することができるとも書かれている。実際に「四書五経」の筆頭に挙げられ、学問として学ぶべき経書であるとされてきた。易経研究家である著者によれば「およそ人間の考えることがすべて書いてある」という。

中国最古の思想哲学書として西洋哲学にも大きな影響を与え、今なお帝王学の書として企業や組織のリーダーに読み継がれる『易経』を、初心者でも読みやすいようにわかりやすく解説。先の見えない混沌とした現代を生き抜く処世の知恵を学ぶことができる。

角川SSC新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。