なぜ今でもタクシーはLPガス車ばかりなのか

トヨタの生産終了でやがて無くなる運命

ハイブリッド車が増えて来たが、それでもなぜタクシーはLPガス車が多いのか(写真 :Lodimup / PIXTA)

日本の道路を走るタクシーの9割強がLPガスを燃料としています。LPガス(Liquefied Petroleum Gas)は液化石油ガスのことで、家庭の給湯器の熱源などにも使われている燃料の一種です。

個人タクシーはガソリンエンジンの車が主流ですし、最近はハイブリッドのプリウスのタクシーも見かけるようになりましたが、それでも圧倒的にLPガスのタクシーが多い。なぜタクシーにはLPガス車が多いのでしょうか。

LPガスは安くて排気もクリーン

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

コストが優先されるタクシーなどの営業車において、LPガスの安さは魅力的です。実際の値段で言うと、2015年9月のLPガスの値段は、東京都では76.5円/ℓと、リッターあたり100円以上する軽油よりも大幅に安い。ガソリンや軽油との課税率の違いも影響しているようです。

また、街中でときどき見かけるLPガススタンドでは、タクシー業者向けに一般ユーザーよりも安い値段で販売するスタンドもあるなど、優遇されている面もあります。

ちなみに、LPガス車の燃費はガソリン車とあまり変わらないようです。以前は燃費の良さもウリでしたが、この10年で純ガソリン車もクリーンディーゼル車も燃費がかなり良くなっているので、その差が目立たなくなっていると考えられます。

LPガスは低燃費で排気がクリーンという理由で、代替燃料として注目されている時期もありました。実際、ガソリンやディーゼルに比べて排気ガス中の有害物質が少ないので、タクシー業界のイメージアップに貢献している部分もあります。

次ページLPガス車が普及しない理由とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。