常陽・足利統合で周辺地銀はどう動くのか

近隣の群馬銀や千葉銀の動向が次の焦点に

県外への進出を積極化する常陽銀行が、足利HDとの統合で勢力拡大をさらに加速か(撮影:風間仁一郎)

北関東にある地方銀行幹部は不安を隠さない。「強力なライバルになる。再編に動かないウチのような銀行は、投資家からどう見られるのだろうか」──。

10月26日、常陽銀行(茨城県)と、足利銀行(栃木県)を傘下に持つ足利ホールディングスが、経営統合に向けて動いていることが明らかになった。実現すれば資産規模で地銀3位となるだけに、周辺地銀は戦々恐々としている。

常陽銀行の拡大路線が、周辺県の地銀を刺激

そもそも常陽銀行は近年、「いばらき圏」と称した戦略で、営業拠点の拡大を積極的に推し進めてきた。

つくばエクスプレスや全線開通した北関東自動車道など、「交通ネットワークが発達し、地元顧客の経済範囲が広がっている。それに対応して金融サービスの提供範囲を拡大する」(常陽銀行の寺門一義頭取)という狙いからだ。

こうした拡大路線は当然、周辺地銀を刺激する。茨城、栃木、群馬県の2番手地銀である、筑波銀行・栃木銀行・東和銀行の3行は、2014年12月に「地域経済活性化に関する広域連携協定」を締結。合同の商談会を開き、取引先の相互交流を活発化させた。

次ページ2行の統合にいずれ群馬銀行も合流か
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。