日本生命と第一生命、豪州シェア戦争の行方

日生が先行する第一生命を追撃

日本生命に生保事業を売却するナショナルオーストラリア銀行(写真:APP Image /アフロ)

日本生命保険が豪州大手銀行ナショナルオーストラリア銀行(NAB)の生保事業を買収することで合意した。NAB傘下で保険事業を担うMLC社の株式80%を取得する。買収金額は約24億豪ドル(約2040億円)で2016年9~12月の間に手続きを完了する予定。MLCはNABと20年間の販売契約を締結しNABが抱える代理店や銀行窓販チャネルなどを活用していく。日生は取締役7名のうち6名(3名は社外)の指名権を得る方向であり、MLCの新CEOには、現在のNABの保険部門長が内定している。

NABは総資産では豪州首位の大手銀行。保険やアセットマネジメント(資産運用)を含むウェルス事業が収益の7%を占める。うち買収対象となる生保事業の収入実績は17.8億豪ドル(約1510億円)、当期利益は1.6億豪ドル(約136億円)。保障性商品の保険料収入では個人保険で2位、団体保険も含めると5位と、大手の一角を占める。ちなみに豪州での生命保険トップは第一生命保険が2008年に3割弱出資し、その後に完全子会社化したTAL社だ。

豪州の生保市場は二ケタ成長

豪州保険市場は、規模では日本の15%程度にすぎないが、2014年時点で過去10年の間に、保障性商品の保険料収入が年平均で12%伸びている。先進国として所得水準が高いうえ、国連によると2015年から2050年にかけて人口が46%も増加すると見込まれており、成長期待が大きい。

市場の見通しが良好であるにもかかわらず、NABが事業を売却するのは、現地で銀行の資本規制が強化されてきたため。NABも銀行に比べて利益率が低く、資本を食う保険事業の改善策を模索していた。日生は3年前に買収の検討を開始し、それ以来、「NAB、MLCの経営層から実務層にわたって幅広く交流し、信頼関係を築いてきた」という。NABは銀行業を中心に経営資源を集中させ、保険業では販売手数料収入の拡大に力を入れていくことになる。

生保の海外大型M&Aでは、いち早く動いた第一生命が今年2月に米国プロテクティブ社の買収を約5750億円で完了させ、今期からグループ利益への貢献が始まっている。7月には明治安田生命保険が米国のスタンコープ社を約6246億円で買収すると発表。続く8月には住友生命保険が約4666億円で同じく米国でシメトラ社の買収を公表しており、巨艦・日生の動向が注目を集めていた。

次ページ豪州ナンバーワン奪取目指す
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。