おやじギャグ英語術 佐藤卯一著

おやじギャグ英語術 佐藤卯一著

はとバスで英語のガイドを続けて48年。英語のギャグなどとてもという人でも、こんな易しい英語でいいのかと思わせるところが本書の身上で、発音などジャパングリッシュで恐れず行こう、という。まじめな説明をしておきながら、最後に下らぬ(とは限らないが)落ちをつけ、あるいは冗談は思いっきり大げさにすればいい……。難しい質問にはTop secret! と言い、できもしないことはnot yetで笑いを取れる。バスの中でまずペンを掲げてThis is a pen. 何事かと注目する外国人に、これが日本人が学校で最初に習う英文だ、でもWe never use it in life. と落ちをつければ車内は爆笑、その後は成功疑いなしだそうだ。

バスツアーの面白いエピソードもいろいろある。日本人の苦手なジョークの秘訣や、聞き手の関心を引き付ける法、さらに英語力を高める工夫など、英語ぺらぺらでないというだけに説得力がある。楽しく読めてなかなか参考になる。(純)

飛鳥新社 1260円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。