人が死なない防災 片田敏孝著

人が死なない防災 片田敏孝著

東日本大震災時に大津波に襲われた岩手県釜石市。しかし、小中学生の生存率99・8%を記録した。なぜ、これだけの高い率で生き残ることができたのか。そこには釜石市の危機管理アドバイザーを務めてきた防災研究者の著者が長年行ってきた防災教育の成果があったという。

釜石の児童・生徒の主体的行動と、当地で取り組んできた津波防災教育について紹介。東日本大震災の経験から見えてきた、人々の意識や国の防災の課題を浮き彫りにするとともに、学校における防災教育の重要性を説く。

行政主体の防災に国民が頼りすぎており、責任を他者に求める意識を変えないかぎり自分の命を守ることはできない、と警鐘を鳴らす。

集英社新書 798円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。