真のエリートは責任を負う

NTTドコモ元会長・大星公二氏④

おおぼし・こうじ 1932年生まれ。57年、東京大学法学部卒、日本電信電話公社(現NTT)入社。88年NTT取締役、90年同常務。92年NTTドコモ社長、98年同会長。現在は北海道地域イノベーション推進会議シニアアドバイザー、ジェムコ日本経営特別顧問など。

私の哲学はノーブレスオブリージュ(選ばれし者の責務)だ。

大学を出た1957年、電電公社(日本電信電話)はたいへんなエリート主義だった。幹部候補生となるキャリア採用だけでA、B、Cの三つに分かれていた。本社採用となるAは特急券。たった一回の試験の成績で、大きな問題を起こさないかぎり部長まで出世するエリートコースに乗れる。Bは県の通信局採用で急行券、Cは電話局採用でノンキャリアとまったく同じ扱いの鈍行券。

私は運がよかったのか、学校の成績はそれほどよくなかったがAの本社採用。当時、2000人くらいいたキャリア採用の中で本社採用は28人だった。本社採用は入社後2年間、研修であちこちの現場を回る。ケーブルをつないだり、電話交換や電報配達もした。次の1年間は本社の経営管理室で見習いをして、4年目にいきなり電話局の係長になる。

必要なことは嫌われてもやるのが本当のリーダー

研修では、行く先々で父親くらいの年齢の人に「大星さん、あなたは将来本社の幹部になるのだから、電電公社をいい会社にしてくださいよ」と言われてハッとした。私はたまたまでもA採用として選ばれた以上は「ノーブレス」。だから、現場の人のために尽くすのが自分の「オブリゲーション」だと気づいた。

 経営者にとってのノーブレスオブリージュとは、会社で働いている人間を活かす、ヒューマンな経営をやることだ。会社で働いている人間はすべて平等。だからピラミッド型ではなくフラットな組織を作る。学歴などのブランドではなく、能力主義で遇する。給料やボーナスも大事だが、重要な仕事を任せることがもっと大事だ。ドコモでは高卒の人間を常務にした。NTTグループは大騒ぎになったけど、学歴なんて関係ない。私に食ってかかるような人間は仕事に信念がある、と抜擢した。ただ、社長に文句を言うと出世するとうわさになったのは困ったが。

人件費削減のために非正社員を増やす経営なんて、ありえない。同じ仕事をしても正社員の給料の半分なんてのは、ノーブレスオブリージュに反する。そもそも社員にもっと給料を払うべき。それをできるようにするのが経営者の役目。ちゃんと給料を払えばみんなカネを使うのでモノが売れる。モノが売れたら生産が増えて、好循環で景気は回復する。政治なんか当てにしないで、景気回復には経営者が頑張ればいい。

当たり前のことを当たり前にやる。これが案外できない。必要なことは嫌われてもやらなければならない。それが本当のリーダーだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。