政治家・官僚の名門高校人脈 横田由美子著

政治家・官僚の名門高校人脈 横田由美子著

政治家や官僚を支える財産の一つである人脈は、出身大学よりも出身高校で決まるという。ルポライターである著者は、官庁の省内派閥や政界のコネクションに出身高校が強く影響していることに取材中に気づく。政治家や官僚にとっての高校生活は、人脈ネットワークの出発点であり、それがやがて確かな人脈として生かされてくるのだ。

現役の国会議員へのインタビューを交えながら、彼らを中心に誰がどの高校出身かをひもとき、政界から官界、財界、学会にまで及ぶ高校人脈の系譜を明らかにする。そこから見える、日本の新たなエスタブリッシュメント像を探っている。巻末には、「国会議員の出身高校リスト」も掲載されている。

光文社新書 840円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。