電力改革 エネルギー政策の歴史的大転換 橘川武郎著

電力改革 エネルギー政策の歴史的大転換 橘川武郎著

福島第一原子力発電所の事故を受け、日本の原子力政策が大転換せざるをえなくなった今、原発に依存することなく、この国の電力を確保するにはどうすればいいのか。

特に注目されるのが、「リアルでポジティブな原発のたたみ方」を前提にした、2030年の電源構成を想定したシナリオである。著者は、使用済み核燃料の処置問題、いわゆる「バックエンド問題」を根本的に解決できないかぎりは、原発停止を前提にせざるをえないと説く。

単に原発に「反対」「賛成」と叫ぶだけでは何も解決しない。危険性と必要性の両面を冷静に直視し、現実的な解を導いてこなかったことも、ある意味、今回の事故につながったとも読める。

講談社現代新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。