政治主導 官僚制を問いなおす 新藤宗幸著

政治主導 官僚制を問いなおす 新藤宗幸著

「官僚主導から政治主導へ」の掛け声の下、政権を奪取した民主党だが、その政権は機能マヒに陥っている。

すぐに喝采から失望に変わらざるをえなかったのは、支持率だけが頼りの理念先行、思いつき政治に終始したからだ。内輪モメを繰り返し、その結果、経済回復は見込めず、東日本大震災への対応でちぐはぐさは極まった。

真の政治主導はどうすれば実現できるか。官僚制は政権より個別利益に向くメカニズムであり、政官連携と権限・責任の明確化に向け、その公務員制の原則をいかに改革するかにかかるという。

政策決定のプロセスから人事システムまで、行政学者が現状を整理・総点検し、官僚制の革新を考える。

ちくま新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。