じゃ、やってみれば 阿部秀司著

じゃ、やってみれば 阿部秀司著

当初3人で船出したCMプランニング会社が、4半世紀の間に、興行収入10億円を超すヒット映画を20本以上“量産”するクリエーティブプロダクションに成長。著者は、その映像制作会社ROBOTの創業者である。

映画第1作『Love Letter』は岩井俊二監督のデビュー作、第2作が後に『踊る大捜査線』でブレークする本広克行監督。さらに『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督を発掘し……。もちろん失敗作もあったが、多くの幸運に恵まれる。それも、「『運』とは、偶然ではなく、その人の努力の積み重ねによってもたらされる必然の産物」なのだという。

本書は、映画・映像プロデューサーとして数々のヒットを世に送り出してきた著者の酸いも甘いもある「人生訓集」。「ヒットの方程式」はないとはいえ、「強い意志」「素早い行動」「ちょっとしたチャンス」があれば、成功に限りなく近づけることを教えてくれる。

日本実業出版社 1575円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。