円高の正体 安達誠司著

円高の正体 安達誠司著

「あと28・8兆円──」という数字を巻頭に掲げる。読了すれば、その謎は解けるという仕掛けだ。

1ドル=70円台に突入し、円高状態が続く。著者は、円高を完全な悪として、そのデメリットを事細かに検証、円高を容認する言説にさまざまな角度から反論してみせる。

円高になれば輸入品が安くなるし、海外旅行でも得をするので、円高は必ずしも悪くはないとの見方に対して、それは日本の産業全体のことを考えていないと一蹴し、円高解消、デフレの克服こそが日本経済復活の道だと説く。

為替や円高・円安の仕組み、さらにデフレについて、エコノミストが自分の主張の論拠を盛り込みつつ解説する入門書ともなっている。

光文社新書 777円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。