起こるべくして起きたVW「排ガス不正」の真相

閉鎖的なのは役員会だけではなかった

閉鎖的な体制でスキャンダルを柔軟に乗り切ることができるか (写真:Fabian Bimmer/Reuters)

昔からいろんなスキャンダルやペテンを見てきた自動車業界。それにしてもこれほど策を弄したようにみえる例はめったにない。米国の排ガス規制を回避するために、フォルクスワーゲン(VW)が高度のソフトウェアを用いるという厚顔無恥なまねをしていた。

まさかそんなことがこの会社で起きるなんて…と世界中の消費者も規制当局も当惑している。VWといえばドイツ最大の民間企業。昨年は売上高が2025億ユーロという世界最大の自動車メーカーだ。しかし同社の歴史、文化、そして会社機構を見てみると、なぜ今までこういうことが起こらなかったのかと不思議に思えるかもしれない。

「スキャンダルの温床となるような企業統治だった」とデラウェア大学ジョン・L・ワインバーグ企業統治センター所長のチャールズ・M・エルソン教授は言う。「起こるべくして起こった事故なのだ」。

お家騒動が絶えない

第二次大戦前にナチス政権下で国営企業として設立されたVWだが、今は同族支配でいて州政府が大株主、加えて労組も関与するという珍しい統治体制になっている。ドイツ国内でも「異色の存在だ」と、欧州の企業統治に詳しいマールブルク・フィリップス大学のマルクス・ロート教授は言う。「すったもんだが続いてきた」。

最近は実権を握るポルシェ家で数十年に及ぶ内紛があり、経営権奪取に向けて秘策が巡らされたかと思うと、役員会議室でクーデター発生という具合に、国内メディアの大衆紙誌に至るまで騒がせてきた。今週の南ドイツ新聞はその企業統治を北朝鮮の支配体制になぞらえて、「強権的でとっくに時代遅れ。機能する企業統治ではない」と指摘した。

今年の春に退陣を強いられるまで監査役会長として君臨していたフェルディナント・ピエヒ(78)はフェルディナント・ポルシェの孫だ。12人の子供を持つ。1993年にアウディ社での活躍を経て親会社VWの会長に就任した。世界で売り上げ1位になることを目標として掲げ、まさにそれが現実になった。だが彼はマルティン・ウィンターコルンCEOを排除しようとしたあげく、自身が4月に退任するという結果をみた。そのウィンターコルンも今週辞任を余儀なくされた。

次ページ監査役にはピエヒ氏の妻
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。