はじめての日本神話 『古事記』を読みとく 坂本 勝著

はじめての日本神話 『古事記』を読みとく 坂本 勝著

神話は単なる昔話ではない。私たちが生きているこの世界の意味を、神の存在に託して描いた行為である。神話をひもとくことは、日本人の来た道、アイデンティティを知ることでもあるのだ。

本書はまず、刊行1300年といわれる日本最古の歴史書『古事記』について語る。国づくり神話から始まり、スサノヲやヤマトタケルの活躍、天岩戸伝説などのエピソードをダイジェストで掲載。併せて、『古事記』が何を問い、何を描こうとしていたのかを、わかりやすく解説する。そのうえで、ほかの神話や伝承も視野に入れ、古代日本の神話世界を考察していく。

私たちの祖先が何を拠り所に生きていたのかを、上代文学者が探った入門書。

ちくまプリマー新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。