あの「インスタ」が佐賀に買い物客を呼び込む

フェイスブックよりも効果が大きい!

鳥栖市の「プレミアム・アウトレット」ではインスタグラムの活用が人気を博している(画像は同施設の特設サイト「プレミアム・アウトレットフォト ウィズ インスタグラム」より

女性を中心に人気が高まる写真共有SNS「インスタグラム」を活用する店舗が佐賀県内で増えてきた。実名が原則のフェイスブックとは異なり、写真が中心のシンプルな構成で気軽に投稿できる特徴を生かし、ファッション関連の店舗が顧客づくりにつなげている。

鳥栖市など全国9カ所に「プレミアム・アウトレット」を展開する三菱地所・サイモンは、昨年7月に特設サイト「プレミアム・アウトレットフォト ウィズ インスタグラム」を開設した。

体験を「可視化」することで、来店を後押し

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

専用のハッシュタグを付けた写真が自動掲載される仕組みで、これまでの投稿数は約5万件。買い物の様子や購入した商品を撮影した写真が並ぶ。

アメリカの街並みをイメージした施設を被写体にした写真も目立つ。都市部から少し離れた立地での非日常体験で来店を促すのが同社の出店戦略。

担当者は「つい写真を撮りたくなる環境が友人との共有を目的にしたSNSと親和性が高い。体験を可視化することで、来店を後押しできれば」と狙いを話す。

次ページ佐賀県外からの来店が急増
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。