タイ復旧需要が追い風、強気の工作機械メーカー

昨年10月に発生し、日本企業も大きな被害を受けたタイの洪水。本格的な復旧が始まり、機械を造るための設備である工作機械が特需に沸いている。

日本工作機械工業会(日工会)は、被災した地域に約1万台の日本製工作機械が設置されていると推計。その入れ替えなどで最大約1000億円の需要が生まれるとみられる。これは、2011年の年間受注額(1兆3262億円、速報値)の1割弱に当たる。

すでに11~12月で約200億円の受注があったもようだが、その中心は被災した企業がタイ国外で代替生産するための設備。治水対策にメドがつくとみられる今春以降には、「タイ国内向けの需要が出てくる」(大手工作機械メーカー首脳)。

そんな中、日工会の横山元彦会長(ジェイテクト会長)は11日、12年の年間受注額が1兆2000億円になる、との見通しを明らかにした。欧州の財政問題や円高による設備投資の冷え込みで昨年より1割前後落ち込むが、それでも高水準で「昨年の同時期に比べ、見通しは明るい」(横山会長)という。

拠り所はアジア市場。タイの復旧需要に加え、昨夏以降、金融引き締めによる影響を受けて伸び悩んでいた中国向け受注が、昨年末に金融緩和に転じたことで今年は上向くとの目算がある。ASEAN(東南アジア諸国連合)も自動車関連を中心に設備投資が活発だ。

ただ企業間では、受注の見通しについて温度差がある。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。