世界記録はどこまで伸びるのか ジョン・ブレンカス著/矢羽野 薫訳 ~人類が達成しうる極限点を探る

世界記録はどこまで伸びるのか ジョン・ブレンカス著/矢羽野 薫訳 ~人類が達成しうる極限点を探る

評者 仲倉重郎 映画監督

あらゆるスポーツは世界記録を目指す。本書の原題は「ザ・パーフェクション・ポイント」。人類が達成しうる極限点を探ろうという書である。

注目度の高いものとして8種目(陸上100メートル走、マラソン、水泳、ゴルフ、バスケットボール、パワーリフティング、それにホームランの飛距離、水中での呼吸停止競技)が考察の対象になっている。

100メートル走では、2008年のジャマイカのウサイン・ボルトの出現が衝撃的だった。北京五輪で9秒69を記録。研究者によれば30年までは出ないはずだったという。予期せぬボルトの新記録達成で考察し直した結果、パーフェクション・ポイントは8秒99とされている。

水泳では、08年2月、100メートル自由形に新記録が出た。47秒84。これで限界と思われていたが、翌09年7月、ブラジルのシェロフィリョが46秒91を記録。パーフェクション・ポイントはまだ先にあるようだ。

評者の少年時代、水泳の1500メートル自由形の古橋広之進が持つ世界記録18分19秒0は、フジヤマのトビウオという異名とともに誇らしかったものだ。スポーツの記憶は選手と選手の記録とともにある。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
これから伸びる中学・高校<br>大学入試改革で激変!

2020年にセンター試験廃止。新テストでは知識の暗記は通用せず、思考力が試される。子どもを行かせるなら、私立進学校か、名門公立か。これからの学力を育てる学校を一挙紹介。