ベテルギウスの超新星爆発 加速膨張する宇宙の発見 野本陽代著

ベテルギウスの超新星爆発 加速膨張する宇宙の発見 野本陽代著

オリオン座の右肩で輝くベテルギウス。赤色超巨星に分類されるこの星は、いつ爆発してもおかしくない状態にある。ひとたび爆発すれば、途方もなく明るい星が突如出現し、数カ月間、昼間でも肉眼で見えるほどの輝きを放つ、歴史的な天体ショーが繰り広げられるという。また、超新星爆発からは、膨大な宇宙の情報が得られることも期待される。

晩年を迎えた星が自らを吹き飛ばす、この超新星爆発とはいったいどんな現象なのか、サイエンスライターの著者が最新研究を基に門外漢でもわかるように解説。併せて、ビッグバンやブラックホールとは何なのか、星までの距離の測り方など宇宙に関する素朴な疑問にも答えている。

幻冬舎新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。