アマゾン、50ドルの激安タブレットを計画

年末商戦に合わせ価格水準を従来の半額に

 9月7日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。昨年8月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[7日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の話として報じた。

6インチ画面を搭載する同端末は、99ドルからとなっているアマゾンのタブレット「ファイア」の価格を大幅に下回る。

アマゾンからのコメントは現時点で得られていない。

WSJによると、8インチ型と10インチ型タブレットの発売も計画されている。

「ファイア」タブレットはスクリーンセーバーとして広告を表示させているが、新たに発売が計画される6インチ型タブレットの価格に広告が含まれているかは明らかでないという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。