採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

採用の新潮流、大学1年生でも受験可能なネスレ日本のネスレパスコース、いつでも就活へ

インスタントコーヒー「ネスカフェ」などの食品メーカー、ネスレ日本(神戸市中央区)は今年の採用活動(2013年4月入社)から、選考方法や受験時期を、受験する学生が選べる新しい制度「ネスレパスコース」を導入した。

受験資格は、短大、専門学校、高専、大学、大学院在学生か学校(高校も含む)卒業後3年以内で、年齢や国籍は問わない。採用選考プロセスは「ネスレパス」と呼ぶ1次選考と研修型選考「ネスレチャレンジプログラム」による2次選考の2段階方式だ。ネスレパスを取得する1次選考は大学1年でも受けられる。採用募集対象を幅広く設定することにより、まず多様な人材を確保するのが狙いだ。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。