あきらめない 村木厚子著

あきらめない 村木厚子著

いわゆる郵便不正事件で大阪地検に無実の罪で逮捕された著者(当時、厚労省雇用均等・児童家庭局長)の半生記。前半は公務員としての体験談だが、特に二女を育てながら極限まで仕事をやり抜くキャリア官僚としての苦労がハイライトとなる。とはいえ、何とかなる、どんなことも無駄ではないという肩から力を抜いた姿勢は、働く女性たちに大いに参考になろう。いい意味での開き直りの姿勢、自然体の生き方の具体例がさまざまに語られ、自分をよく見せようなどと感じさせる箇所が見当たらないのも好感が持てる。

セクハラ防止のための立法、障害者自立支援法への取り組みなど行政面での成果も素直に読めて説得的である。逮捕と164日の拘留を家族、友人、同僚に支えられて頑張り抜いた顛末も興味深い。取調室や拘置所でのささいな観察や巧まざるユーモアもさることながら、苦難が物事と人間を見る目を養ったように見えるところは印象的だ。(純)

日経BP社 1470円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。