米アップル、来年にも独自動画サービス開始か=ニュースサイト

製作するコンテンツの種類は不明

[1日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は、独自動画コンテンツの制作事業に乗り出すことを検討している。バラエティ・ドット・コムがアップル幹部の話として31日報じた。動画配信サービス大手のネットフリックス<NFLX.O>などに対抗する。

報道によると、アップルは来年のサービス開始を目指しており、最近数週間のうちに、米映画業界の幹部と娯楽コンテンツ制作の可能性について、初期段階の協議をしたという。

アップルの広報担当者はコメントを拒否した。

同社はオンラインストリーミング向けの長編コンテンツを量産する開発・制作部門の設立を目的にしているもよう。今後数カ月以内にスタッフの採用を開始する見込みだが、制作対象がテレビシリーズなのか映画なのか、もしくは両方なのかは不明だという。

1日の株式市場ではネットフリックスの株価が8%強下落。動画サービス「プライム・ビデオ」を手掛けるアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>株も軟調。一方、アップル株も市場全体が下げるなかで売られた。

*内容を追加しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大ヒット愛国映画『戦狼』に見る<br>中国の拡張主義

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている『戦狼』。実はプロパガンダ作品だ。「アフリカの友人」を高らかにうたい、中国企業のアフリカ進出を促す。